地域医療に貢献し、
信頼される病院をつくります。

濵﨑院長

当院は、昭和10年、現在の地に診療所を開設し、昭和39年からは一般病院として診療を行ってまいりました。開院以来、「地域住民とともにある医療」という理念に基づき、地域の皆様が「安心して受けられる医療・サービス」の提供に努めています。

すべての患者様に、良質かつ適切な医療を受ける権利があります。その権利を尊重し、検査や治療、看護、どの分野におきましても、心のこもった「親切」な対応を心がけ、お一人お一人としっかりとコミュニケーションを図りながら、健康回復・保持を支援することが私たちの使命と考えております。

また、近年の高齢化に伴い、老人疾患において早期復帰への医療・介護支援も重視しています。平成10年1月からは療養型病院として医療サービスをご提供、平成12年4月には、これまでの療養病床60床のうち22床(現在11床)を介護型病床へと変更しました。他の医療機関や施設との連携も密にしながら、地域に根ざした医療と福祉に貢献してまいります。
これからも、内科・脳神経外科・整形外科を中心にリハビリテーションにも力を入れながら、総合的な医療・介護サービスの提供に努め、地域の皆様や患者様に信頼され、愛される病院をめざして尽力してまいります。